英字新聞の見出しを読む

アクセスカウンタ

zoom RSS 冗談のようなキリスト画修復

<<   作成日時 : 2013/08/18 23:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

すみません、見たとき思わず絶句して、その後爆笑しました。

オリジナルとまったく違うことを知りながら、わざと、こういうふうに修復したんですよね。
何かこうインスピレーションを感じて。

あるいは、フレスコ画を修復できる画家が見つからず、といった現実的な理由があったとか?

なにが功を奏するかなんて、分からないものです。
芸術とは、難しい。


酷評のキリスト画「修復」で観光客殺到、スペイン


英語記事は、CNN.comより。


Botched Jesus fresco becomes surprise success

「失敗作のキリストのフレスコ画が驚きの成功に」


botch は「下手な仕事」という名詞の他に、「〜をしくじる」「〜をしそこなう」。

フレスコ画というのは、Wikipediaによると、「壁に漆喰を塗り、それが生乾きの間に、水または石灰水で溶いた顔料で描く」技法だとか。

やり直しが効かず、ハイレベルな技術が必要らしいです。



WEB: イングリッシュパーラー

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
冗談のようなキリスト画修復 英字新聞の見出しを読む/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる