英字新聞の見出しを読む

アクセスカウンタ

zoom RSS 実際にある黄泉がえり

<<   作成日時 : 2014/03/03 21:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

死者が蘇生するというのは、一度止まった心臓がまた動き出すってことでしょうか。

時間が経っていても、何らかのきっかけで心臓が再び動く可能性はゼロではないのかも。

アメリカは火葬しないとしても、埋めらてから息を吹き返しては遅すぎます。
火葬の場合、生き返った途端火に焼かれるとか・・・想像もしたくない。

かりに、今までそういう事例があったとしても、生き返るタイミングが遅ければ、誰も気づかずに死に逆戻りです。

そう考えると、この方はものすごくラッキーだったんでしょうね。


死去と宣告の男性、葬儀場で袋蹴り「蘇生」伝える


英語記事は、CNNより。

Dead Mississippi man begins breathing in embalming room, coroner says

「ミシシッピ州で死者が防腐処置室で息を吹き返す、と検視官」


検視官は、ラザロのような「奇跡」とはとらえていない様子。


WEB: イングリッシュパーラー

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
実際にある黄泉がえり 英字新聞の見出しを読む/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる