巨大な火の玉がアメリカに現る

「まるで地球の破滅を描いた映画の一場面のよう」とのことですが、確かに。
綺麗とか神秘的というより、夜ということもあってか、不気味な感じがします。

ロマンチックなはずの流れ星も、大きさによってはとんでもない脅威になるのかもしれません。


夜空を横切る巨大な火の玉、車載カメラが撮影 米


英語記事は、CNNより。


Dashcam catches giant fireball blazing in New England sky

「ニューイングランドの空に燃える巨大な火の玉を車載カメラがとらえる」


dashcam は、dashboard camcorder(車載カメラ) のこと。
ちなみに、camcorder も camera と recorder の合成語のようです。

これは、totally harmless events(まったく無害な現象)とのことですが、実際に遭遇する確率は、ものすごくレアだとか。

a once-in-a-lifetime thing (一生に一度のこと)、in the right place at the right time (ちょうどいい時に、ちょうどいい場所で)といった表現が使われてます。


イングリッシュパーラー

今年の夏は激暑のようです

日本だけでなく、世界の平均気温が今年は異常に高いらしい・・・。
地球温暖化が叫ばれてますもんね、そりゃ暑くもなるわ。

今から今年の夏がコワイです。
ただでさえ暑い地域なのに、「史上最も暑い夏」とかなったら、もうどうなることやら。

NASAって、気温のデータまで持ってたのか。
宇宙や航空関係だけだと思ってました。


世界の4月の気温、観測史上最高 年平均も記録更新見込み


英語記事は、CNNより。


2016 to be hottest year yet as April smashes records

「4月は記録を更新し、2016年は今まででもっとも暑い年になりそう」


smash a record は「記録を更新する(打ち破る、塗り替える)」。

こんなので、記録をスマッシュしなくてもいいです。
ほんと、やめてください・・・。


イングリッシュパーラー

女の子を命がけで守った飼い犬

動物の話にヒジョーに弱いので、こういう話はもう涙が出て来ます。

救済施設(animal shelter)から引き取った犬が、飼い主に恩を返した(he's returned the favor)とのこと。

一歩間違えば、死んでしまったでしょうに・・・。


忠犬、毒ヘビに噛まれながら7歳女児守る 米


英語記事は、CNNより。


Dog rescued from shelter saves little girl from dangerous snake

「救済施設から救われた犬が、小さな女の子を危険なヘビから守る」


それでも、7歳の女の子にとっては、この犬は「かわいい普通の犬」。
犬は dog の他、話し言葉では pooch とも言います。


イングリッシュパーラー

ツイッターの140文字制限がなくなる?

Twitterの140文字制限がなくなるかもしれないという噂が流れたそうです。
噂について肯定も否定もないということは、もしかして真実味が高い?

もし140文字制限撤廃されたら、どうでしょう。

長ーい広告のツイートがたくさん流れてくるのはちょっと遠慮したいけど、長文投稿できると、表現の幅が広がるかもしれませんね。


ツイッター、140文字の制限を撤廃か


英語記事は、CNNより。


Will Twitter dump its 140 character limit?

「Twitter、140文字制限を捨てる?」


dump(投げ捨てる)とか、rethink(見直す)という語が使われてます。

tweetstorms(ツイートストーム) は、楽しい・・・かな。


イングリッシュパーラー

人工知能の執事、実現するか?

マーク・ ザッカーバーグ氏が、人工知能の執事のようなシステムを構築しようとされているとか。

『アイアンマン』のジャービスのような執事!?
それ、めっちゃ欲しいです。

iPhoneのsiriの進化バージョンという感じになるのかな。

ぜひ、実現していただきたい。でもって、一般市民にお安く手に入るお値段だったらもっと嬉しいのですが。


ザッカーバーグ氏、今年の挑戦は「人工知能の執事」


英語記事は、Reutersより。


Mark Zuckerberg unveils 2016 plans for artificially intelligent butler

「マーク・ザッカーバーグ氏、『人工知能の執事』のための2016年のプランを発表」


You can think of it kind of like Jarvis in Iron Man” と述べられてます。

ちなみに、映画版ではジャービスは人工知能なんですが、コミックでは人間の執事らしい。


イングリッシュパーラー

爆売れ、プーチン・カレンダー

政治家のカレンダーって、誰が買うんだろうと思うんですが、ロシアのプーチン大統領人気はすごいですね。
プーチン語録は出るわ、カレンダーは出るわ。

しかも、すでに売り切れという凄まじさ。

いや、でも実際イケメンだと思います、この方。


「プーチン・カレンダー」登場、早くも売り切れ ロシア


英語記事は、CNNより。


The 2016 Vladimir Putin calendar

「2016年、ウラジーミル・プーチン・カレンダー」


英語記事の方で、写真をすべて見ることできます。
上半身裸もあって、なかなかの肉体美。


イングリッシュパーラー

ディズニーにルーカス監督が謝罪

『スター・ウォーズ』最新作は、ものすごい興行成績だそうですが、ルーカス監督は複雑なお気持ちなのかもしれません。

感情的な言葉が出てしまったのも、自分の作品に思い入れがあるゆえの発言だったのだろうし。
まさに、親が大切な子供を養子に出したような心境なのでしょうね。


G・ルーカス監督、ディズニーに謝罪 「奴隷商人」発言で


英語記事は、CNNより。


George Lucas apologizes for comparing Disney to 'white slavers'

「ジョージ・ルーカス氏、ディズニーを『白人の奴隷商人』とたとえたことを謝罪」


compare~to・・・は、「~を・・・と比べる」「~を・・・になぞらえる」 。
「比べる」の意味のときは、compare ~ with ・・・とも言えます。

slaver は「奴隷商人」で、slave が「奴隷」。


イングリッシュパーラー