英字新聞の見出しを読む

アクセスカウンタ

zoom RSS 人気官能小説の映画の行方

<<   作成日時 : 2013/11/15 21:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

『ダ・ヴィンチ・コード』や『ハリー・ポッター』を超える、最速ベストセラーというからスゴイ。

人気官能小説の『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』。

『トワイライト』がティーンズなら、こちらは大人向けですね。

『エマニエル夫人』やサドの『美徳の不幸』などなど、文学作品のエロティシズムは、年齢制限緩いのかな。
18禁の指定はないので、18歳以下の方でも大丈夫かと。

男優さんは、ジェイミー・ドーナンさんに落ち着いたようです。
公開延期は、ちょっと残念。





人気官能小説の映画版、公開予定日を半年延期


英語記事は、Reutersより。


'Fifty Shades of Grey' film release pushed back to 2015

「『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の映画公開、2015年に延期」


push back は、「押し戻す」の他に、「延期する」「先送りにする」の意味があります。





WEB: イングリッシュパーラー

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人気官能小説の映画の行方 英字新聞の見出しを読む/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる